banner

無料の古紙回収が行われる理由とメリット

地域の回収業者によって実施される古紙回収は無料で行われます。チラシや紙パックなど少量の古紙なら燃えるごみとして捨ててしまうという人が多くいますが、古紙はリサイクルができる貴重な資源ですから、燃えるごみとして処分されてしまうのはとてももったいないことです。回収業者によって集められた古紙だけがリサイクル資源として活用されますので、この機会に古紙の処理方法について見直すべきです。

無料の古紙回収としては地域の資源ごみ回収や店舗に設置されているリサイクルステーションがよく利用されていますが、引っ越し後に大量に出たダンボールや溜め込んでしまった新聞紙など、所定の場所まで運ぶのが困難な場合もあります。そのような時に便利なのが、古紙回収に無料で出向いてもらえるサービスです。

電話一本で希望の日時に指定した場所まで来てもらえる手軽さが魅力です。また、回収に来てもらうこともできますが、回収を行っている会社まで自分で持って行くという方法もあります。いずれの場合も事前に連絡を入れておく必要があります。牛乳などの紙パックも溜めがちなので、一緒に回収してもらうのがおすすめです。申し込みの際に回収を希望する古紙の種類と量を具体的に伝えておき、回収当日までに古紙を種類別に分類してまとめておきます。古紙は種類によってリサイクル用途が異なるため、細かく分別しておく必要があります。無料の古紙回収を利用することで古紙が有効にリサイクルされる他、リサイクルについての見識を深めるきっかけにも繋がります。

無料の古紙回収では、回収された古紙は回収業者の一時保管場所に置かれます。作業員によって種類別の分類や余分な物が入っていないかなどのチェックが行われた後、製紙メーカーへと出荷されます。実は、回収された古紙はリサイクル資源として回収業者から製紙メーカーへと販売されています。国内に限らず、海外の製紙メーカーにも販売されます。つまり、これによって収入が得られるため、回収作業自体は無料で実施できるというシステムです。

日本における古紙のリサイクル率は約8割と言われています。紙を作るために古紙が64パーセント使われており、残りの36パーセントは木材です。つまり、古紙リサイクルが進むほど古紙を原料とする紙を増やすことができるため、切り倒される木を減らすことができます。また、紙を燃やす際に用いられるエネルギー使用量や産出される二酸化炭素量を古紙リサイクルによって減らす効果もあります。

お知らせ

[2021年05月20日] ホームページを更新しました。

Copyright©2022【無料の古紙回収が行われる理由とメリット】 All Rights reserved.